髪質改善

ヘアサロンオーナーが教える正しい髪の洗い方

更新日:

ヘアサロンオーナーが教える正しい髪の洗い方

 

西宮市 甲東園のヘアサロンliberaオフィシャルサイトをご覧の皆様こんにちは。

owner 永谷です

本日は正しい髪の洗い方についてご説明いたします。

女性の方でしたら当たり前にされてると思いますがメイクを落とす時はクレンジングオイルを使いその後に洗顔をされていますよね?これは頭皮も同じですし毛髪があるので汚れも取れにくいですし手が届きにくい部分もあります。

しかし、お客様のお話を聞いているとお顔のクレンジングほどしっかりはできていない方大勢いてらっしゃいます。

ここで工程をおっていきます。

①: 3分湯洗い

 

最初に髪を濡らしていきます。ここでのポイントはしっかりと頭皮を中心に(約3分)湯洗いします。

なぜ3分間なのかは実は髪に付着している油分、埃などはこの湯洗いによって8割程度は流せてしまいますし頭皮から根元にかけてしっかり濡れていると泡立ちも良くなります。

逆に髪を濡らして即シャンプーを使用すると汚れが落ちない、泡立ちが悪いだけでなくきしみの原因となりますのでしっかり濡らしてください。

 

②: シャンプー剤をつけて泡だて

シャンプー剤を使って泡だてをしていきます。

ここでのポイントはシャンプー剤を使う量です。1の工程がしっかりできていればショートの方は半プッシュ、ミディアムの方で1プッシュ、ロングの方で1・5プッシュぐらいが目安です。libera(リベラ)でのシャンプーもこのぐらいの目安で使っていきますしoggiotto(オッジィオット)などのサロン専売品のシャンプー剤でしたら特にです。

そして手の平にくぼみを作ってゴシゴシしていくと空気が入ってホイップ状の泡がすぐにできて毛先の絡みがなくなり、毛穴の汚れもしっかり吸着してくれます。指の腹でこすることはいいんですが頭皮を動かす感覚でこすっていくと血行促進につながりスッキリとしますよ。

③: シャンプー剤を流しトリートメント

シャンプーが終わりましたらしっかり流していきます。

ポイントは初めは泡を落とすのところだけでいいです、全体に泡が取れましたらそこから手の平にくぼみを作り軽くゴシゴシしていきましょう。ここでゴシゴシのは頭皮、根元のシャンプー剤をしっかり流すことに重点を置いているからです。

お風呂上がりに頭皮の痒みがある場合は流しきれていないシャンプー剤かもしれませんし乾かした時のベタつきの原因にもなりますので注意が必要です。

しっかり流すと髪にはコーティングがあまりされていないのできしみが少し出てきます。この時のきしみがトリートメントをつけるタイミングのサインになります。

この画像の量は多いですが、手の平に出して500円玉を目安にしていただくといいと思います。手の平に出したトリートメントは両手にしっかりのばして毛先か中間のところから塗布してください。特にダメージがきになる所から塗布してもらえるといいと思います。

トリートメントは髪の内部まで浸透していきますのでオススメの塗布の仕方は粗めのコームで根元から毛先に向かってゆっくりとかしていき馴染んできたら毛先のみ揉み込むと今までお使いのトリートメントがしっかり効果が出ますよ。

④: ドライ(乾かす)

ドライヤーのポイントは根元から乾かすことです。その時にぜひしていただきたいのがシャンプーの要領で指の腹でこすりながらドライヤーの風を当てることです。これをするだけで早く乾かせてなおかつ癖が少し取れてしまいます。

よく美容師さんがしてる乾かし方です。

いかがでしたでしょうか?

シャンプーも少し手間をかけることによって根元のボリョームや毛先のサラサラもできるようになりますし、健康な髪に近づくことによって見た目年齢にも影響してきますので皆さん是非トライしてみて下さい。


 

たくさんのお客様に一度libera hairの自由空間を味わっていただきたいと思いますので是非ご来店ください。
小さなお子様でも大歓迎です!お母様・お子様家族でのご来店ももちろん大歓迎となります。
それでは、本日もたくさんのお客様のご来店お待ちしております。

ご予約・お問合せはコチラ

↓↓

-髪質改善
-, , , , , , , , , ,

Copyright© libera hair salon , 2017 AllRights Reserved.